マナーの悪いアジア系の外国人が商店街に溢れている

外国人目撃

マナーの悪いアジア系の外国人が商店街に溢れている

投稿日:

会社からの帰宅途中、中国・韓国・台湾・マレーシア・フィリピンなどなどの観光客が電車の中で入り乱れているのを毎日のように見かけます。

ああ、これがいわゆる「インバウンド」なんだと感じます。

途中下車をして服でも見てみようかと思うと、大きな地下街から地上の大きな商店街まで彼らで賑わっており、正直ウンザリします。

特に薬局関係はスタッフも中華系で日本語も堪能な人を入れているようで、店内は中国語の嵐。

店内の表示でさえ、つい数年前までは日本語表記だけだったのが、今では中国語・韓国語・英語、その次に小さな日本語表記がある始末で、「一体ここはどこの国なんだろう。」と遭難してしまいがちです。

ですから、出来るだけ観光客を避けようとして、商店街から外れた場所のショップに足を運びますが、どこまで行っても中国語は私の後を追いかけてくれるように感じます。

もちろん、私の街はアジア系の方だけでなく、ロシア・東欧諸国・英語圏の国々の方々も多く、最近では顔つきでお国が分かるような感じにもなってしまい顔を観察するようになりました。

日本の中でトップクラスの人気を誇る街が私の在住地に近いこともありますし、国際空港もありますから観光客が通過する街でもあるだけに、多いといえば多いんですが、ガヤガヤ五月蝿い彼らをさすがに毎日見かけるのは辟易してしまいます。

特に気になるのは、商店街での歩き方です。彼らがこぞってやって来る前は日本人ばかりで、左側は南下する人たちの通り道、右側は北上する人たちの通り道と何となく決まっていたのですが、彼らは真ん中を3-4人横並びで歩きます。

したがって、非常に歩き辛い商店街への変貌してしまいました。

知人のイタリア人も長年日本で暮らしていますが、「そこの商店街、歩きにくくなった!」と話をしています。

また、路上でスーツケースを開けっ広げにして荷物を整理している観光客を見るのも日常茶飯事になってしまい、本当にもう少しマナーと言うものを考えて欲しいと思います。

そして先日百貨店に行った際、エスカレーターに乗ったのですが前の女の子がイカ焼きかタコ焼きをむしゃぶりついていました。

日本人に見間違えるほどの顔でしたが、少なくとも単独でタコ焼きなどを百貨店のエスカレーターで食べ続けている日本人の女の子は見た事はないので、これも東アジア系の観光客だったのでしょう。

本当に、これらは特に東アジア系の観光客に多い傾向だと思います。

もちろん、彼らは好きで私の街に来てくれているのだろうとは思います。

けれどもう少し国際的なマナーを知って欲しいと思います。

なぜなら、彼らが歩いた後はゴミが散らかっていたりするのが多いですから。

バブル時代、多くの日本人もパリやロンドンに出かけていたと思います。

今の中華系富裕層のように爆買していました。

けれど、日本人の悪い噂は余り世界的に聞き及ばないのは、昔からマナーだけは良かったのかもしれません。

普段は「日本人って、せせこましいなー。」と思っていますが、マナー面から見ればインバウンドで来る外国人に比べて素晴らしいものを私たちは持っているのだと改めて再発見しました。

author: ぷるこ (47 female)
photo:Ernie https://www.flickr.com/photos/kouchi/1094671386/

-外国人目撃

Copyright© 外国人で日本発見ページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.