日本・東京のシンボル「渋谷スクランブル交差点」に集う外国人

外国人目撃

日本・東京のシンボル「渋谷スクランブル交差点」に集う外国人

投稿日:

私は神奈川県に住むフリーランスをしているものになります。

独身で実家に住んで生活をしています。

私は大学生の頃から渋谷によく行っていました。

というのも、大学のキャンパスが渋谷にあったので、そこにほぼ毎日通うということをしていたのです。

大学を卒業して以降も渋谷に遊びに行くことが多く、そんな中で外国人を見る機会が多くあったのです。

東京の象徴、渋谷のスクランブル交差点

私は大学在学中、そして卒業後において渋谷に出かけるたびに外国人を見る機会が多かったのですが、日本の中でも特に外国人が多いエリアと言っても良いと思われます。

でも、どうして渋谷は外国人が多いのか?というと、日本を、特に東京を象徴する街だからというのが主な理由だと思われます。

渋谷のどのあたりに外国人が多いのか?と言えば、駅の周辺であり、具体的に言えばスクランブル交差点あたりになります。

この場所に外国人が多いという理由について考えてみると、海外の人から見て東京は日本を代表する都市ですが、その中でも中心となる場所として渋谷のスクランブル交差点あたりが該当するのでしょう。

つまり、日本人がアメリカに旅行したときにタイムズスクエアに行くような感覚なのではないか?と思われます。

アメリカの代表的な都市であるニューヨークで、海外の人にとって有名なスポットと言えばタイムズスクエアを連想する人は多いはずです。

それだけ海外の人にとって、アメリカのニューヨークの象徴とも言える場所となっているのだと思います。

日本の場合にはそれが渋谷のスクランブル交差点であり、ここは海外の人が日本について、東京について調べるときによく目にするスポットなのだと思います。

日本国内でも天気予報を伝えるシーンなどでこのエリアが写されることも多いですし、街頭インタビューの現場になったりするなど、おなじみの場所として日本人の脳裏にも定着していると思われます。

それは外国人にとっても同様で、日本の東京の有名なスポットを訪れたいという気持ちから、渋谷のスクランブル交差点に行ってみる外国の人たちが多くいると考えるのが自然だと思うのです。

実際、渋谷のスクランブル交差点の周辺では外国人がスマートフォンなどで写真を撮っている姿はよく見かけるので、記念に残したいと思うほどの気持ちがこの場所にあるのだと思います。

自分が大学生の頃からほぼ毎日通っていた渋谷という場所が、日本人や外国人から見るとそういった存在になっているというのは、非常に誇らしく感じられてきます。

そういった象徴的な場所をいつも歩いていたわけですが、当時はそんな気持ちはなかったものの、渋谷は日本人も非常に多くいますし、こうして外国人が多く訪れるということを知ると、改めて特別な場所であるという認識になってくるのです。

日本はいろいろな観光スポットがあり、それぞれ独自の魅力を持っていると思われますが、東京の渋谷のスクランブル交差点の周辺というのも、ここにしかない独特の雰囲気があります。

ここは元々は観光スポットとしての性格はなかったと思いますが、気付いたらたくさんの外国人が訪れるようになっており、それだけ外国人にとっては日本に、東京に来たからには訪れたいという思いがあるのでしょう。

author: I・T (30yo male)

-外国人目撃

Copyright© 外国人で日本発見ページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.